ブレーキ

1


ブレーキキャリパーとマスターシリンダーを分解整備しました。
ホースは新品に交換です。
とりあえずキャリパーを外して

2


エアでピストンを抜きます。傷つかないように当て物をしています。
シリンダーの中を確認して段付き摩耗や錆による荒れなどがないか、
確認出来たら洗浄します。ピストンの傷やメッキ剥がれも点検。
その後、水分を良く乾かします。

3


新しいラバーグリスを薄く塗ったシールを溝に入れ、
ダストシールを打ち込みピストンにもグリスを薄く塗り、押し込みます。
ブッシュがへたっているとブレーキング時にカチンと音が出たりするので。
ついでにキャリパーブッシュ大と小も交換します。

4


パッドも交換しました。
HAWKのHP-PLUS、かなり効きは良いです。
パッド組み付け時は耳を曲げてきつく嵌るようにします。
この処理をしていない車も多く、
パッドが遊んでカタカタしていたりしてますね。
キャリパーに付ける時はプライヤーでがちっとはめ込む感じです。

5


車体に取り付けました。
キャリパーとブラケットが当たる部分には、
薄くパッドグリスのような物を塗布しておきます。

6


マスターシリンダーを外してピストンをバラしました。
シリンダー内、ピストン自体も綺麗な状態だったので、
洗浄、乾燥して組み付けました。

7


マスターのエア抜きをしています。
車体に付けてからだと難しいので、ベンチで完全にエアを抜いてから車体に取り付けます。
取り付け後、4輪エア抜きをして、漏れがないか確認をして完了です。