1967 FORD Country Sedan Wagon レポート21-30

289エンジン・3速マニュアル・オーバードライブ付き・エアコン付き
パワステ無し・フロントドラムブレーキ

レポート21 2009年5月22日

フロントガラス交換です。

大きな飛び石がある訳でもなく、ひびが入っていることもないのですが、
細かい傷が全体的にあるので、天気の良い日には嫌な物です。

古い車はフロントガラスシール部分とモールディングの間に
水分とホコリが溜まってしまい、
ガラス取り付け面が錆でグズグズになっていることが多いのです。

雨の日に走行するとサンバイザー辺りから雨漏れする車もありますね。

パネルの腐り具合もチェックしたかったので、
「とりあえず外して」
と、ガラス屋さんにお願いしました。
外してみると、取り付け面は腐りも錆も無く、とても綺麗な物でしたので、
古いシールを取り除き、新品取り付けです。
珍しいですね。81コルベットなどでも腐っている車は多いのですが。

ガラスが落ち着くまで2日ほど動かしません。
新しいフロントガラスはやっぱり気持ちいいです。

フロントガラスは古い珍しい車でもほとんど入手出来ます。
ガラス代は6~8万円ぐらいで、
脱着工賃は5万円ぐらいです。

レポート22 2009年5月23日

ちょうど良いサイズのベルトが入荷しましたので、
P/SギヤBOXの交換です。
ようやく重~~いステアリングから解放されます。

ギヤBOXを交換して、P/Sホースを取り付け、
ベルトを付けて、P/Sフルードです。
P/SフルードはATFで、「タイプF」の指定でしたので、
タイプFでも使えるB&Mトリックシフトを使用しました。

パワーステアリングはメチャクチャ軽いです。
やはり1960年代特有のステアリングの軽さがありますね。
ステアリングホイール自体も細くて大きいので、余計に軽く感じます。
ノンパワーに慣れてしまっていたので、最初はステアリングを切る時に、
身構えてしまいましたね。

この後は、フロントの車高調整と、アライメント調整をパワステ用に変更します。

レポート23 2009年5月24日

リヤサスペンションアームブッシングの交換です。

アッパーアームは1本
ロワーコントロールアームは左右2本です。

ブッシュは千切れている訳では無いのですが、
おそらく1度も交換したことは無い様ですので、
ブッシュ交換と、ついでにアームの溶接補強です。

アームを取り外し、ブッシュを抜きます。
純正のプレス加工のアームで、しかも42年も経過している鉄ですから、
弱くなっていても無理はありません。
3rdカマロなどでもこの加工はしますが、
幅は38mmの鉄フラットバーを溶接して、

断面を四角にします。
これだけでとてもねじれ強度は上がります。

サンドブラスト仕上げをして、ペイント。
ホチキス製のアームは必要ないですね。
(まあ、こんな車の部品は出て無いですけど)

レポート24 2009年5月28日

フロントの車高調整です。

左フロントのコイルスプリングは、ほとんどの場合運転者一人なので、早くスプリングが駄目になってきます。
左フロントは車高が下がりやすいんですね。

現在、アメリカにフロントコイルスプリングを注文してはいるのですが、なかなか来ませんので、車高を合わせてしまいます。

左はそのままで、右側だけコイルスプリングを少しカットします。
結局右側だけ1巻きカットしたのですが、それで下がった車高は右側が約30mm左が約10mm下がりまして、バランスはOKです。
フロントサスペンションブッシュのオーバーホールをした時に、コイルスプリングを左右入れ替えておけば良かったと思います。

あとは、キャンバー調整と、ギヤBOXを交換した時に狂ってしまった、
ステアリングの位置を調整して、終了です。

昨日は、試運転がてら、コストコへ買い物に行ったので、高速を飛ばしてみましたが、快適です。

ETCはまだ来ませんね。
7~8年前に購入したETCにシガーライターソケットを配線した物をまだ使っています。

レポート25 2009年6月1日

オルタネーターの交換です。

POWER MASTER 8-37141
インターナルレギュレーター
140アンペア
クロームハウジング

電動ファンを取り付けして、エアコン全開だとやはり弱くなりますので、
レギュレーター内蔵のハイパワーオルタネーターに交換しました。

ヘッドライトを点灯してアイドリングだとウインカーの点滅が
ものすご~く、ゆっくりになってしまっていたのですが、
これはウインカーリレーでしたね。

ウインカーリレーも交換しました。バッチリです。

レポート26 2009年6月13日

少々グロい写真です。

フロントフェンダーの後ろ部分で、

足元サイドの内張を剥がしたところですが、

ワイパーアーム辺りから入ってくる水が抜ける穴ですね。

長年の泥や枯れ葉が詰まっていて、これでは水が抜けません。
水が抜けないばかりか、水分がずっと残ってしまうので、

ここからブクブク錆が発生してしまいます。

で、掃除した所です。

レポート27 2009年6月15日

スターターモーターの交換です。

おそらく、一度も交換されたことのないスターターモーターです。

42年間お疲れ様でした。

マリモのようになっています。

交換したスターターモーターは、オルタネーターと同じく

「POWER MASTER」

圧縮比最大12:1まで回せるよって言うヤツです

リダクションのミニハイトルクスターターですので、

ノーマルの289エンジンですから、ギュンギュン気持ちよく回ります。

レポート28 2009年6月15日

日本で登録してから3ヶ月で、約1500km走行しました。

初めて燃費を計算したのですが、
毎日の通勤と、買い物、高速道路は千葉県(東金)まで往復しました。

その燃費で7.4km/1㍑ です。

とても燃費は良いです。

とても重い車体ですが、2バレルのキャブで、ミッションにオーバードライブが付いていることと、マニュアルってのが良いんですかね。

最初に下回りは一度綺麗にしておいたのですが、各部オイル漏れが有りますね。

エンジンオイル漏れは、インテーク前後、バルブカバー、オイルパンG/K
まあ、それほど酷くはなく、にじみ程度ですが、ミッションのオイル漏れは少々多いですね。

リヤシール、セレクターシール等です。

ミッションはオイルシール類を全部新しくすることと、一度下ろして、クラッチの具合も見ておきたいので、オイルシールをアメリカに発注しているところです。

レポート29 2009年6月15日

フロントブレーキはドラムのままです。

すぐにでもディスクブレーキにしようと思い、放置していたのですが、
ブースター付きの為、フロントブレーキは左右差も無く、
問題なく効くんですね。

それで、もう一度開けて中身をチェック
すると、ライニングの角は少し割れて、ホイールシリンダーのブーツをめくると
漏れがあります。
見ていなければそのまましばらく乗っていたと思いますが、
発見してしまったので、フロントブレーキの部品もアメリカオーダーです。
・ブレーキライニング
・ドラムブレーキスプリングKIT
・ホイールシリンダー
・ホイールベアリング
・ハブシール

問題なく、すぐに部品が入荷することを祈ります。

ETCはまだ入荷しないですね。。
6月19日に新型が出るらしく、入荷するかもしれない?との事
前から注文しているエンジ色のETCは生産中止らしいです。

レポート30 2009年6月28日

間欠ワイパーKITです。 GM系の車に取り付けするのは問題ないのですが、 FORDは少々難しいようです。。 この間欠ワイパーキットでワイパーの動く時間をコントロール出来るのですが、 一回動くと元の位置まで戻らなくてはいけないのに、 どうしてもおかしなところで止まってしまいます。 FORDはワイパーアームの動き方や、スイッチがGM系とは違いますので、 リンケージに追加でスイッチを取り付けするとか、しないと駄目なようです。 なので、とりあえず今は保留。。 カマロ、エルカミーノ、シェベルなどには問題なく取り付け出来ます。